お役立ち情報

50代・60代のみなさまの健康に関するお悩みに関する記事をアップしています。

膝の痛みは筋トレでとれ!?

膝が痛くて走るのをやめた。。。
膝や腰が痛くなると、歩くのですら、嫌になってしまうのは、多くの人が経験しかことかもしれません。

「膝の痛みがとれるまで」「回復したらトレーニングしよう」などと言っている間に、膝の痛みは増すばかり。
実は、膝の痛みは、筋力の低下からも起こる症状なのです❗️❗️

筋肉は使わないと、脳が必要ないものだと判断し、だんだん機能を低下させてしまう。という話は以前にもさせていただきました。
膝を90度まで曲げて、大きく足をあげることは、競技を続けている人以外、大人になったらしないものです。
今、このコラムをご覧の方、足を高く上げてみてください!

以前よりも、上がらなくなっていませんか??

膝を鍛えることはできません。
膝のまわりを支えている筋肉、下半身の筋肉を効率的に鍛えないといけません。
でも、何からしたらいいかわからない。。。
スクワットやれと言われても、正しいフォームがわからない。。。
変なフォームでやって、怪我したら怖い。。。
重さの設定方法もわからない。。。

わからないのは、恥ずかしいことではありません!!
私も筋トレ以外のことは、わかりません!

だからこそ、専門家に、自分のあったやり方をしっかり聞き、マスターしましょう。
自分の体を変えられるのは自分でしかありません。
そのキッカケづくり、メニューづくりのサポートは私たちGOALS「ゴールズ」にお任せください!

50代に入り、人生も折り返し地点に到達しました。
60、70歳と、自分らしさをもち続け、健康な毎日を過ごすために、今を変えていきましょう👍

下半身筋トレ 参考

 

冷え性予防に筋トレは最適!?

夏の猛暑が少しずつおさまり、上着を羽織る人が増えてきましたね。
だんだんと最高気温も下がり、秋を感じてくる人も多いのではないでしょうか?
寒くなると困る。。。
とくに冷え性の方にとって寒気❄️は強敵かと思います。

冷え性は女性に多い症状です。
個人差はありますが、女性の半数から7割近い方が『冷え』をつらいと感じています。
女性は男性に比べると。。。

①熱を作り出す筋肉が少ない
②皮膚の表面温度が低い
③貧血や低血圧の人が多い
④月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすい

などの理由から女性は冷え性になりやすいと考えられています。

そこで、今年の寒気を、去年よりも快適に過ごすための1つの方法が『筋トレ』です💪💪

筋トレを行うことで。。。
①筋肉が増える
②体温があがる(基礎代謝があがる)
③血流がまわりやすくなる

冷え性になりやすい理由のうち、3つも筋トレだけでまかなうことができます❗️❗️

体温が低い。。。汗をかきにくい。。。運動が苦手。。。
いろんな悩みをお持ちの方もいらっしゃいますが、GOALSパートナーにおまかせあれ👍

冷え性とは。。。

肩こりでお困りの方へ!!

デスクワークが多い方、専業主婦で家事をしていると肩が重くなる方、車の運転をしているといつも肩に力が入り、凝ってしまう方、など肩こりを感じる方のパターンはいろいろとあります。
ストレッチしても、整体に行っても、マッサージしてもなぜ、治らないんだ。。。
そう感じる方も多いのではないでしょうか??

今回、お話ししたいことは、『枕』はあっていますか?ということです。
1日の3分の1近くは睡眠に時間をかけていると思います。
そのときに使用する『枕』
布団やシーツと同じセットで買えるものを使っていないでしょうか?

『枕』は、高さ・硬さ・凹凸など形がバラバラなものばかり。
人間の体も姿勢、体型、首の長さ、頭の形、人それぞれです。

自分の頭に1番適切な『枕』選びをしたことはありますか?

『枕』をチェックする時に重要なのは、首を支える部分の高さです。
仰向けに寝たときと、横向きで寝たときのよいとされている枕の高さがあります。

 

仰向けに寝たとき

※自然に起立している時の首のカーブと、寝ている時の首のカーブが同じだとよいと言われています。
肩こり_枕03(肌らぶ引用)

首にあたる部分の理想の高さは、個人差がありますが、だいたい2.5㎝〜5㎝の間、女性は平均3㎝前後と言われています。

一般的な目安:
・細身の方は2.5~3cm
・標準の方は3~4cm
・体格のよい方は4~5cm

ただし、この数字は体の沈み込みによる影響も受けるので、ベッドのやわらかさなどによっても変わります。

②横向きに寝たとき

横向きの場合は、ご自分で鏡などを置いて確認することができます。

顔の中心線と、胸の中心線が一直線になっているとよいと言われています。
肩こり_枕4(肌らぶ引用)
ワンポイントアドバイス
高さが足りない時は、バスタオルを枕の下に敷くなどして厚みを足します。
高すぎる時は、肩のあたりにバスタオルを敷いて、枕との高さの差を縮めるようにしましょう。

みなさん、ご自宅の『枕』を一度チェックしてみてください!!
枕選びその他のポイント

筋トレ=脳トレ!?

ドーパミン(※1)、エンドルフィン(※2)という物質を聞いたことはありますか??
筋トレを行うことで、脳内では「ドーパミン」「エンドルフィン」「ノルアドレナリン」などの物質(ホルモン)が分泌されてます。筋トレすることで得られる気持ち良さは、これらの物質分泌されるホルモンのおかげだと言えるのです。これらの物質(ホルモン)は別名「脳内麻薬」と言われています。

(※1)中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体

(※2)脳内で機能する神経伝達物質のひとつ

では、これらの物質(ホルモン)の効果を見ていきましょう

<脳内麻薬:ドーパミンの効果>
■記憶力を高めてくれる
■集中力や直感力を高めてくれる
■モチベーションを上げてくれる
■記憶力・集中力・モチベーションの向上によりIQが上がるため仕事の効率が上がる

<脳内麻薬:エンドルフィンの効果>
■ストレスやプレッシャーを和らげてくれる
■強い精神力を作り上げてくれる
■ポジティブな気持ちを持つことができる

つまり、筋トレをすることで、脳の活性化ができるだけではなく、上記のような効果も得られるわけで、仕事のできる人の要素としては必要ではないでしょうか?

筋トレして、仕事のモチベーションも常に上げていきましょう!!

詳細希望はこちらから。

ありさのトレ室

正しい姿勢で筋力トレーニングとは⁈

いざ、自分で運動を始めても思うように効果を得られないことはありませんか?

大半の原因が、誤った方法で筋力トレーニングを行っているからなのです。

楽な姿勢に逃げてしまう…
日常生活の癖が出てしまう…
無意識のうちに、誤った方法で行っていることがあります。

誤った方法で筋力トレーニングを行うと、効果を得ることはできず、時間ばかりが過ぎます。
最悪の場合、障害が発生する可能性もあるのです!

正しい方法とはなんなのか。

生活習慣や日常生活の癖などにより筋力トレーニング時に意識する点は、一人一人異なります。
まずは、自分の身体の状態、日常生活の癖を把握することが大切です。

これを機に、自分の身体と向き合ってみませんか?

筋力トレーニングとは?

温泉が動脈硬化を予防!?

みなさんは温泉はお好きですか??
温泉に入ることが『健康』な体つくりをするのに効果的だというデータが発表されました。
最近は、なかなか湯船に浸からず、簡単にシャワーだけで済ましてしまう人も増えてきたみたいです。
理由としては手間がかかるから。。。
心当たりある方はいらっしゃいませんか?

さて、温泉に浸かることで何がいいのか!
それは動脈硬化を予防できる手段になることです!!

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。 動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。(google 引用)

スムーズに血液が流れてないと、筋肉にも悪影響を与えてしまいます。体が温まりにくい方は、しっかり体を循環させてあげないと筋肉を傷めてしまうリスクも上がります。
筋トレした日こそ、ゆっくり温泉にでも浸かり、体をリフレッシュしてあげれば、体はもっと喜んでくれるかもしれないですね!
まずは、自宅近くの温泉をリサーチしてみましょう。

健診結果はこちら

50歳以上の生活意識調査

50歳以上の生活意識調査結果

ソニー生命保険株式会社が、2013年9月4日~9月8日の5日間、全国の50歳~79歳の男女1000名に対して調査した「生活意識調査(現在の生活において大切にしているもの、これからの生活において、優先的にお金を使いたいもの、生きがい・やる気の源など)」です。

あなたが大切なものは『健康』ですか?『パートナー』ですか?『お金』ですか?

あなたの生きがいは『趣味に没頭しているとき』ですか?『孫と思い切り遊んでいるとき』ですか?

人にはそれぞれの夢があり、目標があります。人生いろいろ。十人十色。

あなただけの夢、若いときにチャレンジできなかったこと、もう1度やってみませんか?

運動会シーズン到来!!

早く走るコツとは!?
そろそろ運動会の季節がやってきますね!!
お孫さんの頑張っている姿を見に行く方も多くいるのではないでしょうか?
ここで、早く走るコツをアドバイス!!
ぜひ、お孫さんに教えてあげてください。