たくさんあるプロテイン。いったいどれを飲めばいいんでしょう。− 50代、60代の方向け

  • LINEで送る

身体づくり、特に筋肉をつけたい人にとってプロテインは有効なサプリメントです。

 

でもいざプロテインを買おうと思ってもたくさん種類があって、どれを買ったらいいのかわからない、という方もいるかもしれません。

 

一般的なプロテインの種類とその違いを簡単にご紹介しましょう。

【ホエイプロテイン】

 

サプリメントとしてプロテインといったときに真っ先に思い浮かぶのはホエイプロテインで

しょう。

 

牛乳からバターやチーズを作る過程で発生する成分の一つがホエイ(乳清)なのですが、身近なものでいえばヨーグルトの上にたまっている透明な液体の中に多く含まれています。

 

BCAA(分岐鎖アミノ酸)を多く含み、吸収率に優れているホエイプロテインは、トレーニングの前に飲めば集中力を高め、疲労を感じにくくさせてくれますし、運動の直後に飲めば素早く吸収されて筋肉を回復、増大させるためにとても効果的に働きます。

 

ホエイプロテインはその製法によりさらにいくつかに分類されます

 

・WPC (Whey Protein Concentrate)

 

濃縮乳清タンパクと言われるもっとも一般的な製法で70~80%のタンパク質を含みます。

 

値段も手ごろで品質的にも悪くないですが、乳糖を含むので牛乳でお腹を下すタイプの人は同様にお腹に来るかもしれません。

 

市販されているプロテインの多くはこの製法で作られており、味の種類も多く品質も安定しているのでどんな人にもおすすめです。

 

・WPI (Whey Protein Isolate)

 

分離乳清タンパク質(WPI)は、より精製された乳清タンパクで、たんぱく質の含有量は90%に達します。

 

余分なカロリーを摂ることなく高濃度のホエイたんぱくを摂取することができます。

 

乳糖も除去されているのでお腹がごろごろすることもないでしょう。

 

その分WPCに比べ値段は高く設定されています。

 

・CFM (Cross Flow Microfiltration)

 

セラミックフィルターでろ過し、不純物を取り除きつつ有効成分を残し、たんぱく質の純度を高める製法です。

 

WPIに匹敵するたんぱく質量を含みながら、WPIでは除去されていたビタミンやミネラルなどの有効成分は残しています。

 

よってWPIよりもさらに高額になることも多いですが、ボディビルダーなどのシビアな要求にもこたえることのできる品質です。

 

・WPH (Whey Protein Hydrolyzed)

 

加水分解乳清タンパクは、タンパク質をより細かいペプチド状に分解しているので吸収が速いのが特徴です

 

トレーニング後に、より素早くタンパク質を補給して筋肥大につなげることに特化しているプロテインだといえます。

 

タンパク質含有量は90%を超えるものもあり、激しい筋トレを行って筋肥大をねらうパワー系アスリートやボディビルダーに最適なプロテインでしょう。

 

値段も高いですがそれだけ品質も高いといえます。

 

【ガゼインプロテイン】

 

牛乳に含まれているタンパク質のうちホエイプロテインは20%しかなく、残りの80%のほとんどがこのガゼインプロテインです。

 

牛乳を温めたときにできる膜はガゼインプロテインです。

ホエイプロテインとの違いはその吸収スピードにあります。

 

吸収スピードが1~2時間と速いのが売りのホエイに比べ、ガゼインは7時間近くかかるといわれています。

 

トレーニング後の素早いタンパク補給には向いていないかもしれませんが、時間をかけてゆっくりと吸収することによって筋肉の分解を防いでくれる効果があります。

 

間食や寝る前などに飲むことによって食事がとれない時間帯に起こる筋肉の分解を最小限にとどめてくれるでしょう。

 

ダイエットのためにカロリー摂取を抑えながら筋肉を減らしたくない人にもいいでしょう。

 

【ソイプロテイン】

大豆(ソイ)由来の植物性タンパク質がソイプロテインです。

 

吸収のスピードはホエイほど速くはないですが、たんぱく質の含有量は80%以上のものが多く十分な純度だといえます。

 

また大豆由来ならではの成分(イソフラボンやサポニンなど)による抗酸化作用やホルモンバランスの調整作用といった美容や健康に良いとされる効果も期待できます。

 

単純に筋肉を増やすだけでなく、カロリーを抑えながら筋量を維持し、美容や健康にも気を使いたい人にはお勧めなプロテインといえます。

 

【どのプロテインを選ぶべきか】

 

各プロテインにそれぞれ特徴があり、予算や目的に応じて選ぶのが良いと思います。

 

とにかくしっかりと筋肉をつけたいのであればトレーニングの前後、特にトレーニング直後にホエイプロテインを摂って筋肥大を促し、筋肉の分解を防ぐために就寝前や間食としてガゼインプロテインを飲めばよいでしょう。

 

ダイエットで体重を落としたいけれど筋肉は残したい、という人は総摂取カロリーに注意しつつ、ソイやガゼインプロテインをこまめに摂取するとよいでしょう。

 

良くわからないという人はあまり難しく考えずに、トレーニングをしっかりとして、その直後にホエイプロテインを飲んでおけば、筋肉の成長は促してくれます。

 

そこから始めて、あとは様子を見ながら必要に応じてほかの種類を試していくとよいでしょう。

 

いずれにしてもプロテインを飲むだけで筋肉がつくことはありませんので、筋肉をつけたければトレーニングはしなければなりません。

 

1回で吸収できるタンパク質量にも限界がありますので、飲めば飲むほど筋肉が増えるわけでもありません。

 

トレーニングの質、量、日頃の食事や栄養のバランス、摂取カロリー量などを考慮に入れ、総合的に判断しながらうまくプロテインを摂取すれば、必ず効果的に作用します。

 

それぞれの特徴を踏まえたうえで上手に摂取しましょう。

 

おからだにお悩みの50代・60代の方へ

 

いま話題の50代・60代専門出張パーソナルサービスGOALS(ゴールズ)では、

初回無料カウンセリング、体験無料キャンペーンを行なっています。

資格を持った一流トレーナーがお伺いさせていただきますのでご安心下さい!

また、ただいま、トレーニングキット(約2万円分)をプレゼントしています!

 

お問い合わせ、資料請求

 

株式会社GOALS

0364470475

 

もしくは下記よりお問い合わせ下さい。

資料請求ご希望の方は、「ご相談内容」にご住所を記載下さい^^

 

 

 

50代・60代専門 出張型パーソナルトレーニングサービスGOALSとは?>

・皆様の自宅にお伺いいたします

・全員資格を持った一流トレーナーのみ

・六畳一間でOK

・特別な機材は必要ありません

GOALS(ゴールズ)のホームページはこちら

The following two tabs change content below.
GOALS編集部
首都圏で、50代・60代専門の出張パーソナルとレーニングサービスを展開しているGOALSが運営。初回カウンセリング&体験実施中。お電話の無料相談も承ります。https://goals-partner.jp
  • LINEで送る