細胞の老化や寿命をつかさどる「テロメア」とは!?-50代~60代向け

  • LINEで送る

ある程度の年齢になると、若いころと比べて身体のいたるところに衰えを感じるようになっていきます。

 

いわゆる「老化」です。

 

そして私たちの体内では「テロメア」なるものが、その老化のカギとなっているということが最近の研究で明らかになってきたのです。

【テロメアとは】

 

人の身体は約37兆個あるといわれる細胞からできています。

 

そしてその細胞1つ1つの中には核が存在し、その核の中に人間の設計図ともいえる情報が組み込まれたDNAが存在します。

 

DNA自体はとても長いので小さな核にそれを押し込めるために、特殊なタンパク質を介してコンパクトに折りたたまれます。これを染色体と呼びます。

 

「テロメア」はその染色体の両端にある構造体です。

 

DNA同様4つの塩基配列からなるテロメアですが、DNAのように特別な遺伝情報を持っているわけではありません。

 

テロメアの役割は染色体同士がくっついてしまったり、傷がついたりすることのないように保護することといわれています。

 

そんなテロメアがどうして老化や寿命のカギとなるのでしょう。

 

【テロメアと老化】

 

体中の様々な組織や器官にある細胞の1つ1つは一定の間隔で分裂し、新たな細胞へと入れ替わっています。

 

そうすることで私たちの身体は細胞レベルで健康な状態を維持しています。

 

細胞が分裂する際に、重要な遺伝情報を組み込んだDNAももちろんコピーされるのですが、完全にコピーすることができずに末端部分が欠けてしまいます。

 

しかし重要な遺伝情報を欠くわけにはいかないので、末端に無意味な塩基配列を持つテロメアをつけているのです。

ということは細胞が分裂を繰り返すたびにテロメアは少しずつ欠けていくということになります。

 

そうして少しずつ短くなっていくテロメアが、ある一定の長さまで短縮すると細胞は分裂を止めてしまいます。

 

分裂を止め、新たに生まれ変わることのなくなった細胞は徐々に本来の機能を失っていきます。

 

これが老化なのです。

 

テロメアが短くなった細胞が多くなった組織は、本来やるべき仕事ができなくなっていきます。

 

その結果、老廃物をため込み免疫は低下、炎症が起こったり、正常な代謝が行われなくなったりして様々な不具合を生じさせます。

 

皮膚の細胞ではハリやツヤが失われ、骨は脆くなり、血管の柔軟性がなくなり…といった様々な老化現象がテロメアを使い果たし、分裂されなくなった細胞によって引き起こされていくことが分かっています。

 

テロメアが短くなった染色体ではDNAにも傷がつきやすく、ガン化しやすくなるのでは、とも言われています。

 

【テロメアを伸ばす酵素】

 

細胞分裂とともにテロメアが短くなっていくことは避けられませんが、そのテロメアを伸ばすことは可能なのでしょうか?

 

実は短くなったテロメアを修復し、再び伸ばす酵素が存在するのです。

 

テロメラーゼと呼ばれるこの酵素の分泌を促進できれば、テロメアの寿命を延ばし、肉体の老化を遅らせることができます。

 

極端に言えば、すべての細胞においてテロメラーゼを活性化できれば、人は不老不死を手に入れることができるというわけです。

 

実際には今のところそういったことは不可能なようですが、実は人間の体はテロメラーゼを活性化させて不死となる細胞を作り出すことがあるのです。

 

皮肉なことにがん細胞がそれにあたります。

 

がん細胞はどういうわけかテロメラーゼを活性化させることができ、無限に細胞分裂を繰り返して増殖することが可能なのです。

 

ひょっとすると人の寿命を奪うがん細胞を研究することでテロメラーゼ活性の謎が解け、不老不死に近づくことができる、なんてことも将来的にはあるのかもしれません。

 

【テロメアを伸ばす方法】

 

がん細胞でなくとも、テロメラーゼを活性化させてテロメアを伸ばする方法はあるといわれています。

 

テロメラーゼを発見してノーベル医学・生理学賞を受賞したエリザベス・ブラックバーン博士によると「運動・食事・睡眠・人とのつながり」の4つが重要だということです。

 

ハードすぎない適度で定期的な運動とバランスのとれた食事、そして7時間以上の睡眠と友人やパートナーたちとの良好な関係がテロメラーゼの分泌を促進させるというのです。

どうですか?なんだ、結局はこれまで体に良いといわれていたことと同じじゃないか、と思いますよね。

 

そうなんです。

 

結局は従来の健康に良いとされてきた生活習慣が、本当に老化を防いで健康寿命を長くするという科学的な裏付けが取れたといえるでしょう。

 

ストレスがテロメアの短縮に与える影響も言われていますので、瞑想などのストレス軽減法も効果的だといわれています。

 

そんな回りくどいやり方ではなく、テロメラーゼを直接投与すればいいではないかと思うかもしれません。

 

実際にマウスで実験が行われたところ、皮膚の若返りは確認できたそうですが、代わりにがん細胞がたくさんできるという結果になったそうです。

 

人工的に無理やりテロメラーゼを増やすことに関しては、重い副作用の可能性のほうが高いのかもしれません。

【まとめ】

 

まだまだ研究の余地がありそうなテロメア。

 

今後はさらに様々な発見がなされて人は不老不死に近づくことができるかもしれません。

しかし、今のところテロメアの発見は私たちに運動や食事、睡眠やストレスのコントロールといった従来通りの健康法の大切さを改めて教えてくれたということになるのではないしょうか。

 

日々の生活をいかに充実して過ごすか、ということに尽きるようです。

おからだにお悩みの50代・60代の方へ

いま話題の50代・60代専門出張パーソナルサービスGOALS(ゴールズ)では、

初回無料カウンセリング、体験無料キャンペーンを行なっています。

資格を持った一流トレーナーがお伺いさせていただきますのでご安心下さい!

また、ただいま、トレーニングキット(約2万円分)をプレゼントしています!

お問い合わせ、資料請求

株式会社GOALS

0364470475

もしくは下記よりお問い合わせ下さい。

資料請求ご希望の方は、「ご相談内容」にご住所を記載下さい^^

50代・60代専門 出張型パーソナルトレーニングサービスGOALSとは?>

・皆様の自宅にお伺いいたします

・全員資格を持った一流トレーナーのみ

・六畳一間でOK

・特別な機材は必要ありません

GOALS(ゴールズ)のホームページはこちら

The following two tabs change content below.
GOALS編集部
首都圏で、50代・60代専門の出張パーソナルとレーニングサービスを展開しているGOALSが運営。初回カウンセリング&体験実施中。お電話の無料相談も承ります。https://goals-partner.jp
  • LINEで送る