肩こりでお困りの方へ!!

  • LINEで送る

デスクワークが多い方、専業主婦で家事をしていると肩が重くなる方、車の運転をしているといつも肩に力が入り、凝ってしまう方、など肩こりを感じる方のパターンはいろいろとあります。
ストレッチしても、整体に行っても、マッサージしてもなぜ、治らないんだ。。。
そう感じる方も多いのではないでしょうか??

今回、お話ししたいことは、『枕』はあっていますか?ということです。
1日の3分の1近くは睡眠に時間をかけていると思います。
そのときに使用する『枕』
布団やシーツと同じセットで買えるものを使っていないでしょうか?

『枕』は、高さ・硬さ・凹凸など形がバラバラなものばかり。
人間の体も姿勢、体型、首の長さ、頭の形、人それぞれです。

自分の頭に1番適切な『枕』選びをしたことはありますか?

『枕』をチェックする時に重要なのは、首を支える部分の高さです。
仰向けに寝たときと、横向きで寝たときのよいとされている枕の高さがあります。

 

仰向けに寝たとき

※自然に起立している時の首のカーブと、寝ている時の首のカーブが同じだとよいと言われています。
肩こり_枕03(肌らぶ引用)

首にあたる部分の理想の高さは、個人差がありますが、だいたい2.5㎝〜5㎝の間、女性は平均3㎝前後と言われています。

一般的な目安:
・細身の方は2.5~3cm
・標準の方は3~4cm
・体格のよい方は4~5cm

ただし、この数字は体の沈み込みによる影響も受けるので、ベッドのやわらかさなどによっても変わります。

②横向きに寝たとき

横向きの場合は、ご自分で鏡などを置いて確認することができます。

顔の中心線と、胸の中心線が一直線になっているとよいと言われています。
肩こり_枕4(肌らぶ引用)
ワンポイントアドバイス
高さが足りない時は、バスタオルを枕の下に敷くなどして厚みを足します。
高すぎる時は、肩のあたりにバスタオルを敷いて、枕との高さの差を縮めるようにしましょう。

みなさん、ご自宅の『枕』を一度チェックしてみてください!!
枕選びその他のポイント

The following two tabs change content below.
GOALS編集部
首都圏で、50代・60代専門の出張パーソナルとレーニングサービスを展開しているGOALSが運営。初回カウンセリング&体験実施中。お電話の無料相談も承ります。https://goals-partner.jp
  • LINEで送る