「パーソナルトレーニングを始める前に」50・60代向け

  • LINEで送る

みなさんよく「パーソナルトレーニング」という言葉を聞いたことがあると思いますが、フィットネスクラブにいくのと何が違うのかご存知でしょうか?
パーソナルトレーニングジム!と聞くと、2ヶ月にコミットして、がっつり筋トレをさせられる、少し怖いイメージがありますが、パーソナルトレーニングとはトレーナーとお客様が1対1で向き合い、その人に合ったメニューを時間の中でこなしていくことなので、怖いイメージをもたずに読んでいただけると幸いです。

1、フィットネスクラブとパーソナルトレーニング

健康のために、フィットネスクラブにいく方も多くいらっしゃいますが、継続的に続けられる方は全体の4割も行かないと聞きます。その理由としては・・・

①何をしていいかわからない
②行くのが面倒臭い
③話し相手がいない(輪の中に入れない)

などを理由に辞めてしまう人もいます。
スポーツジムの中にもパーソナルトレーナーは常にいて、申し込みをすると受けられるサービスもありますが、いろんな人がいる中でトレーニングを受けるので、逆にどんなことをしているのだろう?と見られる対象になってしまいます。パーソナルトレーニングをお願いしても、1対1の<空間>でできていないので、「見られるのが恥ずかしい」を理由に辞めてしまう人もいます。それが平気な人は続けられると思いますが、体力に自信のある人が継続的にトレーニングするのがフィットネスクラブの現状です。

では、家に直接来てくれたらどうでしょうか?
<プライベート空間>でトレーナーと1対1にトレーニングができます。雨の日でもわざわざ傘をさしてジムに行くこともなく、定期的にトレーニングができます。家の中でもできるトレーニングがたくさんあり、家はある意味、もう1つのプライベートジムだと思っていただいても大丈夫です。

2、パーソナルトレーナーの選び方

実は、トレーナーには10種類以上の資格が存在していて、日本全国、世界各地のトレーナー全員が同じことをできるかというと、それは大きな間違いです!!
日本で国家資格を所有し、トレーナーをやっている方もいれば、アメリカで国際ライセンスを取得し、日本で活動している人もいます。聞いたことある名前でいうと、「柔道整復師」と「理学療法士」は、一見同じような施術をしているようですが、勉強の仕方は全く違い、加療の手順もバラバラです。
わかりやすく言うと、トレーナーもスポーツと同じようにいろんな種類があるため、お客様がサッカーを学びたくても、野球を勉強してきた人がサポートに入ったら、何もできません。
また、始めて1カ月のトレーナーも、キャリア20年のトレーナーも、経歴を言わなければ一言で「トレーナーやってます」と言えるので、一般の方々からするとどちらも同じ知識をもっているものだと思ってしまいます。
では、どうやって選ぶべきか。まずは、ご自身の状態を知るところから始めてください。自分自身がどういう風になりたいのか。足腰を鍛えたいのか。肩こりをどうにかしたいのか。
GOALS(ゴールズ)では、50代・60代向けに、カウンセリングを実施していますし、約10種類のジャンルにわかれたトレーナーがいますので、どんな状況でもお客様に合うトレーナーが対応できます。訪問型のパーソナルトレーニングサービスなので、直接ご自宅にも伺わせていただきます。

 

3、意外と知らない50代からの体の変化

個人差はありますが50〜60代にかけて、身体のあちこちで<老化>が始まります。<老化>と聞くと少しネガティブにも感じてしまいがちですが、白髪やしわが増えるといった外見でわかる老化をはじめ、臓器の老化も徐々に進みます。
たとえば心臓は予備力(※1)が衰え始め、動脈硬化が進んだり、胃では胃粘膜の萎縮が進み胃がんが起こりやすくなったりなどです。
(※1)予備力とは、その人が持っている体力・生理機能の最大の能力と、通常使用時の能力の差
このような症状の原因は、細胞の老化を言われ、何らかの影響によって細胞の数や細胞を満たしている水分量が減少するため、身体の中の多くの臓器が萎縮してしまうのです。

また、細胞が老化すると細胞の免疫力や適応力も低下します。そのためウイルスや細菌に対する抵抗力や病気からの回復力も低下し、病気になりやすくなります。

老化してしまう免疫力。。。その免疫力を少しでもあげるためには、何度もいいますが、運動です!
病院の先生にも運動してください。と1度は言われたことある方も少なくないと思います。

では、なにをしたらいいですか?それが世間一般的な答えです。運動しろと言われたからフィットネスクラブに行った。しかし、何をしていいかわからない。行くのが面倒くさくなった。気づいたら行かなくなっていた。
何をどうやって運動すればいいか。私は何をしたらいいのか、という情報源がないので、みなさん困っています。

 

4、トレーナーではなく、パートナー【GOALS(ゴールズ)がサポートできること】

上記でお話ししましたが、みなさん何をどうしたらいいかがわかりません!答えを求めているのに、「それが運動してください」では何も解決していません。パーソナルトレーナーなら、「スクワットを10回3セットやります」「このストレッチを今から30秒かけてゆっくり伸ばします」などと具体的に、なおかつ的確に指示してくれます。なんとなく運動した1時間よりも、トレーナーがついて筋トレした1時間では、充実度は全く違うと思います。
GOALS(ゴールズ)では訪問型パーソナルトレーニングサービスを実施しているのですが、その良いところとは、お客様のご自宅<プライベート空間>でのトレーニングなので、すごく自分を出せることがあります。まわりに知らない人がいたら話したくないような悩みも、ご自宅で1対1だから、気軽に話せるようになるのです。
それはお客様とトレーナーという壁を越えたからこそ話せることなので、私たちはトレーナーではなく、パートナーと呼んでいます。50代・60代の皆様に対して、いろんなジャンルのパートナーがサポートできますので、まずは、ご自身を知る上でも、1度、カウンセリングを受けてみてください!!

カウンセリングのお申し込みはこちらから

The following two tabs change content below.
GOALS編集部
首都圏で、50代・60代専門の出張パーソナルとレーニングサービスを展開しているGOALSが運営。初回カウンセリング&体験実施中。お電話の無料相談も承ります。https://goals-partner.jp
  • LINEで送る