自分に合ったスポーツジムの選び方 −50代・60代の方向け

  • LINEで送る

「年をとって体力が落ちてきたから、ジムにでも通ってみるか」

そう思い立ったのはいいものの、これまでジムに通ったことがない人は「自分に合ったジムとはどんなジムか」がわからないはずです。

そんなジム通いを検討している50代、60代の方向けに、自分に合ったスポーツジム選びで大切な4つのポイントをご紹介します。

 

 

ポイント①「長続きするかどうか」を最優先に考える

 

スポーツジム選びでもっとも大切なのが「長続きするかどうか」です。

 

最高の設備とトレーナーが整っているジムでも、往復に1時間や2時間かかるようでは日増しにその負担が積み重なり、結局ジム通いをやめてしまうのは目に見えています。

 

立地、利用料金、営業時間の観点から、「頑張れば通えるジム」ではなく「無理のなく通えるジム」をまずは候補に挙げてください。

 

 

ポイント②パーソナルトレーナーがいる施設

 

ジム通い初心者にありがちなのが、

 

「やる気が空回りしてオーバーワークで怪我をする」

「間違ったフォームでトレーニングをして体を痛めてしまう」

 

といった失敗です。

 

そうした失敗をさけるためにも、通いやすさで選んだ候補の中から、パーソナルトレーナーのいるスポーツジムに絞りましょう。人はそれぞれ骨格も筋力も性格も異なります。あなたに合ったベストなトレーニングを考えてくれるパーソナルトレーナーは、ジム通い初心者の心強い味方です。

 

 

ポイント③1日体験をして雰囲気を確かめる

 

いくつか候補を絞ったら、次は実際にそのジムに行って1日体験をし、雰囲気を確かめましょう。

 

気をつけるべきポイントは、

 

「自分が実際に通う時間帯・曜日に行くこと」

「自分と似た年齢の人がいるかどうかを確かめること」

 

のふたつです。

 

同じジムでも、時間帯によってトレーニングしている人や年齢層が大きく異なることは珍しくありません。1日体験は必ず実際に通う時間帯・曜日に行くようにして、その雰囲気を肌で感じてください。

 

また、自分と同じ年代の人が多いと、トレーニング中でも会話をしやすいですし、そういった年代のトレーニングに詳しいトレーナーがいるということも予想できます。逆に言えば、20〜30代の人たちがマシンでガンガントレーニングしているところに50〜60代のジム初心者が行くと、場違いな雰囲気で居づらくなってしまうこともあるでしょう。

 

 

ポイント④「訪問パーソナルトレーニング」を検討するのもあり

 

「なかなか“ココだ!”と思うジムがない……」

 

と思う人は、自宅までトレーナーが来てくれる「訪問型パーソナルトレーニング」を検討してみてもよいでしょう。いわゆる「家庭教師のジム版」で、忙しい方にはおすすめの方法です。

 

 

まとめ

繰り返しになりますが、スポーツジム選びで「長続きするかどうか」です。

 

まずは通いやすさを最優先に考え、そこからパーソナルトレーナーの有無や実際の雰囲気を確かめることによって、自分の性格やライフスタイル合ったジムを選ぶことができるはずです。

 

また、自宅近くに良いジムが無い場合は「訪問型のトレーニング」を検討してみるのもよいでしょう。

The following two tabs change content below.
GOALS編集部
首都圏で、50代・60代専門の出張パーソナルとレーニングサービスを展開しているGOALSが運営。初回カウンセリング&体験実施中。お電話の無料相談も承ります。https://goals-partner.jp
  • LINEで送る